2005年03月26日

おためし玄米届きました

マイセンさんから、「感動の玄米」届きました。

はじめてなので、お試しを注文。

驚きました。そしてジワリと感動することが・・・。お試しなのに・・・。これから注文する人のために、詳しくは書きません^^;というか、そう簡単に書けません;;

さっそく今日の夕食でいただきます。炊き方は案内もあるので安心です。

稲穂も大事にします。


応援のためのクリックを!←LOHAS志向。blogランキング参加しました。応援お願いします。

感謝。

posted by 蓮 at 12:53| Comment(1) | TrackBack(0) | おいしい食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

有機大根で作ったみそ汁定食

有機JAS大根で、みそ汁を作りました。具材は、大根、にんじん、ネギです。オーガニックなものは、皮をむかずそのままで食べます。 大根は、シャキシャキして甘かったです。旨い。


応援のためのクリックを!←LOHAS志向。人気ブログランキング参加しました。応援お願いします。

posted by 蓮 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

少しだけオーガニック。

スーパーのオーガニック野菜販売コーナーには、いつも立ち止まりますが、どうしても特売野菜コーナーと見比べてしまいます。
最近やっと、安心だし、おいしいし、って言い聞かせて、買えるようになってきました。それにしても安い商品は魅力ですけどね。

今日の弁当は、ゴボウとにんじんがオーガニックです。
その名も「ゴボウとにんじんの炊き込みご飯弁当」

少しだけオーガニックな、おいしい弁当でした。
自然に感謝。そして嫁に感謝。

ごちそうさまでした。

posted by 蓮 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

感動の玄米

TB&コメントをいただいて、コメントにも書きましたが・・・

玄米といえば、「発芽玄米」。

Click Here!

↑確かに、おいしくておすすめですが、

(農業生産法人)株式会社 マイセンさんのHPをみて感動しました。 命を込めたお米をつくっていることがジワーッとつたわってきたからです。

おじいさんが「昔は、タガメやゲンゴロウが田んぼにいて」って教えてもらったことあるけど、それは、続きを読む

posted by 蓮 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

オーガニック・マクロビオティックのはじめB

「オーガニック・マクロビオティックのはじめB」は、効果と食事法、

【マクロビオティックの効果】

マクロビオティックの効果はどうなの?

「ストレスが解消できる」「ダイエット効果がある」「美容によい」など、いろいろな効果が語られていますが、その根本にあるのは、 人間が本来持っているはずの、自然のバランスを取り戻せるということです。

そもそもストレスや肌荒れ、肥満などは、身体のバランスが不自然であるために起こるもの。自然のバランスを取り戻せば、 身体や心の不調が軽減され、毎日は快調になります!

【食事法←5つのポイント】

1.身土不二
人間も植物も全て生まれた環境と一体である、ということから、自分が生きている土地でとれる旬の食物を食べることにより、 身体のバランスが整うという考え方。四季のある日本は、季節ごとの旬を口にすることが、健康につながることを意味します。

2.一物全体
食物は全体として調和し、不要なものはない。玄米、未精製の砂糖、塩、小麦粉、野菜の皮、アクなど、できる限り丸ごと加熱調理することで、 おいしく栄養満点の食事ができることを意味します。特に、オーガニック食材を選ぶとよいです。

3.穀物菜食
穀物と野菜を中心とした伝統的な食事。主食は穀物を5とすると、副食は野菜や海草が3〜4、魚介類が中心の動物性食品が1〜2が目安です。

4.陰陽の調和
陰陽とは、中国の易経にある考え方で、森羅万象にあてはまると言われています。この陰陽を人間の健康や、それを支える食べ物に適用するのも、 マクロビオティックのポイントです。陰陽の偏りがないよう、バランスに注意しましょう。

5.正しい食べ方
食べ物の吸収・消化、食べ過ぎを防ぐために少なくとも30回は噛みましょう。

【そんなに難しく考えないで。まずは主食から】

続きを読む
posted by 蓮 at 09:22| Comment(3) | TrackBack(1) | おいしい食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

オーガニック・マクロビオティックのはじめA

ダイエットのための【自然で安全な食事療法】のポイントは、オーガニック・マクロビオティックだと思います。
最近は、スローフードの方が有名かもしれませんが・・・

でもオーガニック・マクロビオティックをまとめた情報は少ないので、これまで調べたことや、おすすめ食材やレシピなど、 【オーガニック・マクロビオティックのはじめ】で書いていきます。

@で【オーガニック】について詳しく調べてみました。
Aは【マクロビオティック】についてです。

【マクロビオティックは日本生まれ】

・「マクロビオティック」(=フランス語。英語では「マクロバイオティックス」)という言葉は、MACRO(大きな)・BIO (生命の)・TIQUE(術)3つの部分からなりたっています。つまり、「生命を大きな観点から捕らえた健康法」という意味です。

・マクロビオティックはフランス語ですが、日本では、「正食」といい、 故桜沢如一氏(海外ではジョージ・オーサワとして有名)が日本の古くからの食文化(食養をベースにした)、「玄米菜食」という自然に則した食事法を確立し、世界に広めました。
・すべての健康な肉体と精神、病気は食べ物と環境からくるものであり、現代人の多くが病んでいるのは、食の過ちによるという考え方です。

【世界が認めた日本の食文化】

・マクロビオティック人口は、欧米では70年代から急速に広がり、ジョン・レノン、グイネス・パルトロー、トリッシュ・ゴフ、 マドンナ、トム・クルーズ、マイケル・ジャクソン、カーター元大統領、クリントン元大統領など米国だけでも200万人以上と言われています。

【オーガニック食材で自然のバランスを大切にする料理】

続きを読む
posted by 蓮 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | おいしい食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

オーガニック・マクロビオティックのはじめ@

【オーガニック】について調べました。

日本では、有機JAS法によって有機認定を受けた食品のみ、有機として販売できます。

【有機JAS法って?】
・1999年7月 「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」(改正JAS法)
・2000年3月6日 有機農産物や有機農産物加工食品の「有機JASマーク」を下図に決定、「流通および小売」の現場では、 検査認証を受けた有機農産物・食品であるか否かがこのマークにより判断される。

・2000年6月10日施行 遺伝子組み換え食品の表示や有機農産物加工食品の認定・ 表示、生鮮食品の原産国表示の義務化などを盛り込んだ「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」(改正JAS法)

・2001年4月 すべての生鮮食品に対する原産地・原産国表示、農産物の有機認証表示、精米内容表示、 遺伝子組み換え農産物を使用した加工食品の表示義務がスタート

【「有機マーク」表示できるもの】
 
「有機農産物」として表示できるものは、日本のガイドラインの大枠では、化学農薬、 化学肥料および化学土壌改良材を使用しないで栽培された農産物、および必要最小限の使用が認められる化学資材を使用する栽培により生産された農産物で、 化学資材の使用を中止してから3年以上を経過し、堆肥等による土づくりを行なったほ場で収穫されたもの。

【必要最小限の使用が認められる化学資材とは】
日本の「有機マーク」は化学資材の使用が認められているのが特徴。この中には、有害な物質、発ガン性物質、環境汚染物質が含まれている? という説明もありました。つまり、「有機マーク」 =安全とはいいきれないということ・・・?

・無機硫黄剤、無機銅剤、フェロモン剤等の作物あるいは、ほ場に直接施されない農薬。
・購入時に種子・種苗にあらかじめ化学処理されたもので、無処理の種子・種苗が入手が困難な場合に限る。
・作物の成長に不可欠な微量要素を補給する肥料。
・天然の有用鉱物資材、植物、動物及びそれらから摘出、抽出又は調製した天然物質で原材料が明らかなもの。
・病害虫防除等農薬としての目的で使用する場合は、農薬取締法に基づき登録されたものに限り、その使用は当該登録の範囲内に限定。

・このほか、稲作については、有機米表示の条件に「河川からの直接取水、井戸水利用、沼地からの取水」などが求められ、 上流の水田を経由した用水を直接、下流の水田で取り入れた場合などは、有機表示できなくなる。ただし、 取水の際に農薬や化学肥料が入らない設備を施している場合は認められる。

【第三者・オーガニック認証機関について】

続きを読む
posted by 蓮 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(1) | おいしい食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

■おいしい食事について

【おいしい食事】

おいしいもの食べてますか?
カラダにいいもの情報がたくさんありすぎて、次から次に試してみるなんてことないですか?
安全なおいしい食事で健康になろうをテーマに「LOHAS志向」から紹介します。

【α-リポ酸(アルファリポサン)】

最近は、α-リポ酸(アルファリポサン)情報がネットであふれていますね。
メールでとどく、キャッチコピーはこんな感じです。

・急げ!脂肪を減らしたい方!アルファリポ酸
・美肌効果のあるαリポ酸
・「α-リポ酸」で、スリムとキレイを目指しましょ
・テレビで実際に紹介されたアルファアリポ酸
・「キレイ&スリム」若さとダイエットの救世主αリポ酸
・美容、健康、若返りを、バージョンアップ
・<<αリポ酸>>注文殺到中!コエンザイムQ10と併用で効果抜群
・強力な抗酸化力で肌の老化原因の活性酸素を除去!
・急がないと、乗り遅れちゃうぞ!
・「体脂肪を減らす救世主!」として大人気のαリポ酸

もう買いました?すぐに効果はでないですが、早い人は2週間目に効果があるようですね。

α-リポ酸は、細胞に運ばれた糖を、脂肪に蓄えられないようエネルギーとして使われやすいかたちに分解させる役割を持っており、 加齢とともに減少すると言われています。←テレビでやってました^^;

もともとα-リポ酸は肥満、糖尿病、高脂血症、高血圧などの治療薬として、開発されてきた医薬品成分。 2004年3月の食薬区分改正に伴い、食品にも使用することができるようになったため、最近よく聞くんですね。

【α-リポ酸とアミノ酸の併用で効果強まる】

続きを読む
posted by 蓮 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(4) | おいしい食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。