2005年04月08日

噛むダイエット+ガン予防

こんなにある噛む効果!

1.ダイエット・肥満予防について
2.がん予防・発がんを1〜2割おさえる?

3.虫歯の予防
4.ぼけ防止 、脳の働きを活発にする
5.胃腸を健康に
6.アレルギー性の病気予防
7.姿勢が正しくなる
8.視力アップ?
9.ここ一番のときに、精神安定

今日は、1.ダイエット・肥満予防についてと2.がん予防・発がんを1〜2割おさえる?についてです。
【満腹感が得られて、ダイエットに効果がある理由】
・よく噛み、味覚が刺激されるとノルアドレナリンという物質が分泌されます。この物質は全身の細胞の活動を活発化させるので、熱のエネルギーが出て、肥満予防効果が期待できます。食事の間に栄養分の消化吸収が開始され、血糖値が上昇し始めます。すると大脳から「もう食べたくない」という指令が出るので、少ない量で満腹感が得られる仕組みです。

・さらに、顔の筋肉と骨が鍛えられ、しわの予防につながり、若々しい表情をつくることも期待できます。

・子どもの太りすぎが増え、子どものダイエット志向が進んでいます。子どものダイエットの基本は、「よく噛んで食べること」が大切だといわれています。なるべく、軟らかいおかずでなく、固いものもメニューに加えながら、50回を目標によく噛んで食べることを習慣にしましょう。

【がん予防効果について】
・唾液に含まれるペルオキシダーゼという酵素が、発がん性物質が作り出す活性酸素を抑制する効果があります。それにはよく噛んで、唾液をいっぱい出し、食べ物と唾液をよくからませる事が大切です。

【おすすめ食材】
・ダイエットの基本は、カラダにいいものをおいしく食べる事。特に発酵食品やファイトケミカルといわれる食材を、6大栄養素とともにバランスよく食べたいです。
・せっかくカラダにいいものを選んでも、カラダに悪い添加物や農薬が含まれていては台無しです。有機・無添加な食材を積極的に使うことをおすすめします。
ほんの一例ですが、私は、このような選択します。

●発酵食材
(過酸化脂質や活性酸素による疾病を抑える抗酸化作用。脂肪を効率的に燃焼させる肥満防止・ダイエット効果。クエン酸が細胞の新陳代謝を促す。悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす。疲労の回復、健康維持、増進に様々な効果を発揮します。)
”無添加”琉球黒麹酢 720ml”無添加”琉球黒麹酢 720ml

●ルテリオン食材
(抗アレルギー抗炎症作用があり、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、花粉症、じんま疹などに 効果があります。また、炎症が慢性化すると遺伝子が傷つき、変異を起こし、ガンを誘発する危険性もあるため、炎症を抑えることは発ガン予防にもなります)
有機青じそ 10枚
有機青じそ 10枚オーガニック食材が豊富にそろっているPolan’s organic market AOYUZU
⇒シソが苦手なかたは、☆つくたべかん☆の赤しそジュース 720mlをためしてみて。

●リコピン食材
(発ガンや生活習慣病の予防が期待されています。生のトマトより、ペーストやソース、ケチャップ、ジュースなどの加工食品の方が、リコピンが多く含まれています。)
こだわりトマトジュース
ヒカリトマトケチャップ

●プロアントシアニジン
(クランベリーに含まれる。歯周病や歯肉炎、あるいは胃炎、胃潰瘍、胃ガンの元凶とみなされるピロリ菌の感染を予防する可能性が高いといわれている)
オーガニック クランベリーミックスコーディアル
■オーガニック クランベリーミックスコーディアル


応援のためのクリックを!←今日のランキングは?

posted by 蓮 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康なカラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

歯周病
Excerpt: 歯周病歯周疾患(ししゅうしっかん)とは、歯周組織に発生する、疾患の総称のことである。歯垢が主要な原因の一つである疾患が多いが、単に歯垢のみでなく、多くの複合的要因によって発生する。また、歯垢が一切関係..
Weblog: 歯周病について
Tracked: 2005-05-15 15:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。