2005年02月23日

LOHASな快適音楽について

【LOHASな音楽】

真っ先に、思い浮かぶのは、なんといっても(私の趣味で^^;)、GONTITI(ゴンチチ)ですよね。

昨年は、「誰も知らない」のサウンドトラック、「世界の中心で、愛をさけぶ」の音楽を手がけ、すっかり有名なので、 【LOHASな音楽】と言えば「GONTITI」がきっとベスト10に上がるはず。そうに違いない。

GONTITIの音楽は、 イントロが流れると、都会の喧騒にいても、夏の高原、深い森、真っ白な砂浜、青い海・青い空(古い言いまわし?)の映像が目の前に広がり、 マイナスイオンがあふれる快適な場所へトリップします。

昨年の2本の映画とGONTITIの融合は、自然にジワーッとしみてくる感動にうまく作用し、 相性抜群の効果になっています。

GONTITIコンサートは、 野外ものが一番だと思います。

数年前?岐阜のめいほう音楽祭でたまたま、GONTITIと出会いました。まだめいほう音楽祭のJAZZ色が強い時に、現れた、 快適音楽で、それは、驚きました。ビール片手に聞いてたんですが、ホントに気持ちよくなった・・・表現が下手ですね^^;

一昨年に念願の大阪城音楽堂(も野外でしたが)、前の方は、まだ暑い夕方なのに、禁酒!とか案内されましたが、 保冷用に缶をつつむやつを持っていたので、(それでも、)「こっそり」飲んで、快適空間に浸っていました。

次回もLOHASな音楽紹介やります。

posted by 蓮 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 快適音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2096624

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。